2020年1月2日木曜日

令和2年賀正 稲積神社(由緒あり)

 

新年あけましておめでとうございます。
いよいよ令和最初の新春、令和2年庚子(かのえね)を迎えました。
今年も宜しくお願いします。
 


本年の近況を報告いたします。
暖冬で雨も少なく過ごしやすい令和元年年末でしたが、大晦日の強風で心配もありました。
しかし、昨年同様 風も少なく 日差しもポカポカあたたかく、多くの参拝者にお越しいただき、賑々しく新年を迎えました。


また、今年は「三が日限定 正月御朱印」を頒布させていただきました。
三が日だけの「鍵銜向狐(かぎくわえむあいぎつね)」の印です。
大嘗祭の時のような「長蛇の列」ではございませんので、安心してご参拝ください。

 
 1日午前中は「稲積神社崇敬青年会 甘酒配り」が行われました。
この甘酒は「太冠酒造」様よりご奉納いただいた酒粕を、「稲積神社崇敬青年会」により心を込めて作り上げた甘酒です。
8日頃まで御神酒は境内にて、甘酒とお茶はご祈願の待合室にて無料でお配りしております。
美味しいので是非ご賞味ください。
 
 
例年同様「いなづみ会の甘酒配り」「お焚き上げ」も行われました。
駐車場係として「友の会」「いなほ会」のご奉仕もいただいてつつがなく皆様をお迎えしております。




昨今 多くの参詣者にお越しいただき、ご不便おかけするかもしれませんが、ご容赦願います。

今年も皆様が御神徳を授かり、より良い生活を営まれますことをお祈り申し上げ、新年のご挨拶とさせて頂きます。

最後に稲積神社の御神徳を説明いたします。 

伏見稲荷を本宗と仰ぐ山梨県で一番大きなお稲荷さんですので「商売繁昌」「飲食業繁栄」の祈願にお見えの方が多いです。

また、伊勢神宮の外宮と同じ神様ですので「衣・食・住を司る生活の守護神」として崇敬が厚いので「家内安全」「方災除」「厄除」「地鎮祭」のご祈願も多くあります。

境内には菅原道真公が祀られている天満天神社がありますので「学業成就」「合格祈願」の参拝者で賑わっております。

車祓所には猿田彦大神も祀られ、その御神徳にて「交通安全」。

当社で古来より受け継がれている「鍵銜向霊狐(かぎくわえむかいきつね)」の絵馬には、鍵をくわえている狐がいます。
この鍵が「子宝や幸せの入った宝箱をあける鍵」という言い伝えがあります。
そして「五穀豊穣のお稲荷さん」なので、稲がたわわに実り収穫される様から『子宝・安産・開運』の御神徳があるといわれております。

境内社には縁結びで有名な出雲大社の神様も祀られており、出雲大社よりご許可をいただいて「縁結御守」や「出雲大社の御札」も授与してございます。

全国的にも珍しい「三葉の松」があり、夫婦和合の木とされていますが、黄金色に落葉するところから金銭松(きんせんまつ)とも呼ばれ、金運のご加護を仰ごうと落葉した葉を持ち帰る姿が見受けられます。

境内西側に新設された神輿庫兼神楽殿を通して「伊勢神宮」と「出雲大社」を遙かに拝むことが出来るようになっております。
 
金運、開運の祈願をした縁起物「福銭」を先着2000名(参拝者1000名、昇殿参拝者1000名)に無料で頒布しております。

※2月末まで「新年祈願」は受け付けております。


2019年12月29日日曜日

稲積神社 新年限定御朱印帳のご案内 R1/12/29

新年限定御朱印帳

「新春限定御朱印帳」 1500円

例年5月の正ノ木祭の際に限定50冊で頒布しております、紫の御朱印帳を令和2年の正月より新年限定御朱印帳として頒布することになりました。
無くなり次第終了となりますので是非この機会にお受けください。
「青色の御朱印帳」 1500円

崇敬会員用「黄色の御朱印帳」(非売品)

「新年限定御朱印」のご案内
令和2年 新年限定御朱印


今年5月に天皇陛下が御即位され新たな令和の御代が始まりました。11月には天皇陛下が即位後初めて行われる重儀であり、国内外に御即位されましたことをお示しになられます大嘗祭が斎行されました。
令和2年、新たな御代になって初めて迎えます新年、稲積神社では限定の御朱印を1月1日より1月3日の3日間のみ頒布いたします。
限定の御朱印の印は当社に古くから伝わる「鍵銜え(かぎくわえ)きつね」と稲荷の象徴であります稲穂をデザインいたしました。
「鍵銜えきつね」は大変珍しく、向かって右のきつねが銜える鍵が『神縁結びの扉を開く鍵』『福や子宝の入った宝箱えお明ける鍵』と言われ、「子授け」「運気を開く」「願い事が叶う」とされ古来より信仰されています。

【新年限定御朱印】概要
受付場所 境内神輿庫脇のテントにて受付いたします。
受付時間 9:00~16:00
初穂料  500円
新年限定御朱印

初穂料 500円

〇当日は、御朱印をご希望される方で混雑が予想されます。
御朱印対応を円滑に進めていくため、あらかじめ御朱印帳のカバーは取り外して、お渡しください。

〇御朱印帳がない方は、書き置きの御朱印をお渡しいたします。
 

2019年12月25日水曜日

1月限定御朱印・新年限定御朱印のご案内 稲積神社

1月限定御朱印

1月(睦月)は賀春(がしゅん)御幣です。
賀春とは、新春を祝う言葉です。賀には「豊作の儀礼」「新しい生命を祝う儀式」などの意味もあり、おめでたい意味を持つ言葉とされています。本年も正ノ木稲荷大明神の御神徳を授かり、皆々様にとりまして無病息災、家運隆昌、商運繁栄であり、輝かしい年でありますことをご祈念いたします。

「1月限定御朱印」と「かさね御幣(月御幣)」について
稲積神社では毎月異なる「かさね御幣(月御幣)」を頒布しております。
※詳細はホームページをご覧ください

当社の「かさね御幣(月御幣)」は、
 1日 月始祭  10:00~
 3日 月次祭   8:30~を予定(お電話にてお問い合わせください)
15日 神恩感謝祭 8:30~を予定(お電話にてお問い合わせください)
で頒布しています。

※それぞれの神事には「2,000円からお気持ち」でどなたでも参列いただけます。
※それぞれの神事にへご参列されますと「かさね御幣(月御幣)」を授与いたします。
※ご希望の方には1体「1,000円からお気持ち」で頒布もしております。

当社では「かさね御幣(月御幣)」にちなんで、各月限定日に「限定御朱印」を頒布させていただきます。
❝正ノ木稲荷さま❞のお力に導かれ、1人でも多くの方が❝ご縁むすび❞できますことをご祈念申し上げます。

〈「限定御朱印」の概要〉

〇頒布期日
・毎月 土日祝
・毎月 1日・3日・15日

〇受付時間 9:00~17:00

〇初穂料 500円
【補足事項】
〇混雑した場合には、早めに開始することがございます。
〇御朱印は原則、お一人様につき各種一体とさせていただきます。
〇転売目的の方はご遠慮下さい。
〇当日は、御朱印をご希望される方で混雑が予想されます。参拝された後に御朱印帳をお預かりするのが本来ですが、御朱印対応を円滑に進めさせていただくため、先に御朱印帳をお預かりし、ゆっくりとご参拝され御朱印をお待ちいただくことも結構です。
〇御朱印帳がない方は、書き置きの御朱印をお渡しいたします。
〇御朱印帳のカバーは取り外して、お渡し下さい。
〇御朱印帳をお預かりした順番に対応させていただきますが、お渡しする順番が前後することがございます。
〇御朱印をお受けになられましたら、ご自分の御朱印帳か必ずご確認下さい。


月限定御朱印 500円

通常御朱印 300円

新年限定御朱印のご案内


令和2年1月1日から1月3日の3日間のみ限定で頒布いたします。
また1月1日から1月3日の3日間は限定の御朱印のみとなりますので当社で頒布しております下記の通常の御朱印・月限定の御朱印・稲積神社オリジナルキャラクター御朱印大・稲積神社オリジナルキャラクター小は1月4日から頒布いたします。

通常御朱印

月限定御朱印

稲積神社オリジナルキャラクター大

稲積神社オリジナルキャラクター小

「12月限定御朱印」も12/29まで随時受け付けいております
※詳細はリンクでホームページをご覧ください
「新年限定御朱印」についてはリンクよりご覧ください

「新年限定御朱印」のご案内 令和2年新春 稲積神社

令和2年 新年限定御朱印



今年5月に天皇陛下が御即位され新たな令和の御代が始まりました。11月には天皇陛下が即位後初めて行われる重儀であり、国内外に御即位されましたことをお示しになられます大嘗祭が斎行されました。
令和2年、新たな御代になって初めて迎えます新年、稲積神社では「新年限定御朱印」を1月1日~3日の3日間のみ、9時~16時の時間にて頒布いたします。
限定の御朱印の印は、当社に古くから伝わる「鍵銜え(かぎくわえ)きつね」と、稲荷の象徴であります稲穂をデザインいたしました。
「鍵銜えのきつね」は、大変珍しく向かって右のきつねが銜える鍵が『神縁結びの扉を開く鍵』『福や子宝の入った宝箱をあける鍵』と言われ、「子授け」「運気を開く」「願い事が叶う」とされ古来より信仰されています。

【新年限定御朱印】概要
受付場所 境内神輿庫脇のテントにて受付いたします。
受付時間 9:00~16:00
初穂料  500円
新年限定御朱印

初穂料 500円

合わせて「新年限定御朱印帳」「1月限定御朱印」のブログもご覧ください。
「昨年のお正月の様子」は、こちらからご覧いただけます。
※リンクしていますので、色の違う文字をクリックしてください
 
当日は、御朱印をご希望される方で混雑が予想されます。
御朱印対応を円滑に進めていくため、あらかじめ御朱印帳のカバーは取り外して、お渡しください。
〇御朱印帳がない方は、書き置きの御朱印をお渡しいたします。

大神様の御神徳をお授かりになり良き年をお迎えいただきますことをご祈念申し上げます。

2019年11月23日土曜日

第85回えびす講祭・恵比寿神社例大祭 R1/11/23

第85回えびす講祭・恵比寿神社例大祭


第85回えびす講祭

本日10時より甲府市中央にて甲府商店街連盟主催の第85回えびす講祭が開催されました。
本年も商店街の皆様をはじめ多くの方々の参加され盛大に開催されました。
神輿をはじめ随所にていろいろな催しが行われました。






午後時に県民会館の跡地(現在芝生広場)にて神輿が納まり還御を斎行致しました。





恵比寿神社例大祭

本日11時30分より当神社兼務社の恵比寿神社の例大祭が斎行されました。


地域の方々をはじめ多くの崇敬者の方にご参列いただき盛会裏に開催されました。
無事、直会まで雨にも降られず無事に終えました。


本日は昨日まで降り続いていた雨も朝には止み晴天とはいきませんでしたが神事・行事がつつがなく全て成就いたしましたことは大神様のご加護と改めて感じる一日でございました。また明日からは寒い日が続くようでございますが大神様のご加護をお授かりいただき益々の御健勝をお祈り申し上げます。


2019年11月18日月曜日

稲積神社 12月限定御朱印のご案内 R1/11/18

稲積神社 12月限定御朱印のご案内



「12月限定御朱印」について

12月(師走)は枯野(かれの)御幣です。
枯野とは、草の枯れ果てたひっそりとした冬の野を意味しますが、やがて訪れる芽吹きの季節を待つ姿でもあります。今年一年を振り返り、来年も稲積神社の大神様の御神徳を授かり、家運隆昌、商運繁栄であることをお祈りいたしましょう。

「12月限定御朱印」と「かさね御幣(月御幣)」について
稲積神社では毎月異なる「かさね御幣(月御幣)」を頒布いております。
※詳細はホームページをご覧ください。

当社の「かさね御幣(月御幣)」は、
1日   月始祭   10:00~
3日   月次祭   8:30~を予定(お電話で問い合わせください)
15日 神恩感謝祭  8:30~を予定(お電話で問い合わせください)
で頒布しています。
※それぞれの神事には「2,000円からお気持ち」でどなたでも参列いただけます。
※それぞれの神事に参列されますと「かさね御幣(月御幣)」を授与いたします。
※ご希望の方には1体「1,000円からお気持ち」で頒布もいております。
当社では「かさね御幣(月御幣)」にちなんで、一人でも多くの方が❝ご縁むすび❞できますことを御祈念申し上げます。

〈「限定御朱印」の概要〉

〇頒布期日
・毎月 土日祝
・毎月 1日・3日・15日

〇受付時間
・9:00~17:00

〇初穂料
・500円

【補足事項】

〇混雑した場合には、早めに開始することがございます。

〇御朱印は原則、お一人様につき各種一体とさせていただきます。

〇転売目的の方はご遠慮下さい。

〇当日は、御朱印をご希望される方で混雑が予想されます。参拝された後に御朱印帳お預かりするのが本来ですが、御朱印対応を円滑に進めていくため、先に御朱印帳をお預かりし、ゆっくりとご参拝され御朱印をお待ちいただくことも結構です。

〇御朱印帳がない方は、書き置きの御朱印をお渡しいたします。

〇御朱印帳のカバーは取り外して、お渡しください。

〇御朱印帳をお預かりした順番に対応させていただきますが、お渡しする順番が前後することがございます。

〇御朱印をお受けになられましたら、ご自分の御朱印帳か必ずご確認ください。


限定御朱印
500円


通常御朱印
300円


「11月限定御朱印」も11/30まで随時受け付けております
※詳細はリンクでホームページをご覧ください。




2019年11月14日木曜日

大嘗祭当日祭 R1/11/14 大嘗祭奉祝記念 限定御朱印

大嘗祭当日祭 令和元年11月14日



本日、午前9時社殿にて大嘗祭当日祭を斎行いたしました。
大嘗祭とは、天武天皇の時代から歴代の天皇が即位後に行う一代に一度の重要な儀式で新穀を神々に供え、自身もそれを食する。その意義は、国家、国民の為にその安寧と五穀豊穣を神々に感謝し祈る「宮中祭祀」です。
5月13日には、大嘗祭で使う米を収穫する2つの地方を決める「斎田点定(さいでんてんてい)の儀」が、宮中三殿にある国内の神々をまつる神殿で行われました。儀式では、亀の甲羅をあぶってひびの入り具合で物事を定める、「亀卜(きぼく)」と呼ばれる宮中に伝わる占いが行われ、「大嘗祭」で使う米を収穫する東の「悠紀(ゆき)」地方に栃木県が、西の「主基(すき)」地方に京都府が選ばれました。
当社の大嘗祭当日祭におきましても悠紀田に指定された栃木県の新穀を献供いたしました。











大嘗祭奉祝記念 限定御朱印について

本日11月14日・15日の2日間限定で大嘗祭の奉祝記念限定御朱印を
頒布いたします。


大嘗祭 奉祝記念限定御朱印
初穂料 500円


結びに、皇室の弥栄と皆様の平安を御祈念申し上げます。