2017年6月17日土曜日

平成29年 稲積神社 夏越大祓 茅の輪準備

稲積神社 渡辺でございます。
去る6月15日に今月の末6月30日午後5時より執り行います。夏越大祓の茅の輪の準備を致しました。

まだまだ不慣れでうまくはいきませんが何とか無事に完成いたしました。


6月29日までは参道の鳥居にございます。
30日の当日にお越しになれない方はぜひ茅の輪をくぐってお清めをいていただき残りの半年を清々しくお過ごしくださいませ。
 
 
 
今年の夏越大祓では茅の輪の御守も頒布致します。
6月24日~7月2日で頒布致します。
また、夏越大祓限定の御朱印もございます。
 
↑クリックしていただくと「ご案内」のブログへ移動します。
 
お参りの際は御守とご一緒に
御朱印もお受けください。




2017年6月4日日曜日

「夏越大祓祭 並び 特別御朱印」と「御朱印帳」のご案内(H29/6/15~6/30)

「夏越大祓祭 並び 特別御朱印」のご案内
6/15~6/30の期間限定御朱印 300円
御札に押印する「夏越大祓式」の印付き
大祓は年に2度行われ、我々日本人の伝統的な考え方に基づくもので、常に清らかな気持ちで日々の生活にいそしむよう、祓い清めることを目的としています。

年始より半年過ごした6月30日「夏越大祓祭(なごしのおおはらえさい)」。

また年始を迎えるにあたり、年末の12月31日に行われる「年越大祓祭(としごえのおおはらえさい)」。

当社でも6月30日17時より「夏越大祓祭(なごしのおおはらいさい)」が斎行されます。

境内「祓所」において斎行され、特殊神事として「茅輪神事」も行われます。


また、大祓祭当日に参列出来ない方のために、6月15日より茅輪を準備いたします。

事前に来社して「大祓人形」を社務所にお納めて戴ければ、身代りとしてお祓い致します。

〇期間限定
御札に押印する「夏越大祓式」の印を、6月15日から30日までは御朱印帳へも押印します。

日常生活において、知らず知らずのうちに身に受けてしまった、「罪」「穢れ」「災事」を御神力によって祓い清める神事ですので是非ご参拝ください。

稲積神社 御朱印帳 

今は「初代・青色の御朱印帳」を頒布しています。

以前、期間限定で頒布しました「紫の御朱印帳」のご要望が多いため

今年より「正ノ木祭(5/2~5/5)」に合わせ頒布できるように50冊準備しています。

「紫の御朱印帳」は、なくなり次第、次年の「正ノ木祭」まで頒布できません。

「黄色の御朱印帳」は崇敬会員用ですので崇敬会員でないと手に入りません。

※崇敬会員様へは、朱印帳が満願になった場合のみ、年度2冊まで対応しています

「青色の御朱印帳」 1800円
「紫色の御朱印帳」 1800円

崇敬会員用「黄色の御朱印帳」(非売品)

2017年6月2日金曜日

稲積神社 御田植祭(H29/5/28)


農耕が生活のすべてであった農耕民族の日本人は、春に豊作を祈る「祈年祭」に始まり、秋の収穫に感謝する「新嘗祭」を行い、稲作を中心とした営みを2000年以上繰り返して来ました。

稲の育成周期が日本人の一年と言えるのです。

そのため「豊作を祈る」ことは国家の安泰、国民の繁栄を祈ることに他なりません。


今の時代も伊勢神宮を始め八百万の神社では「祈ること」「願うこと」を粛々と行っております。

天皇陛下から国民に至るまで神を祀ることは日本の大切な文化なのです。

そのすばらしい日本人としての心を大人は思い出し、子供たちには繋げていけるように・・・


去る平成29年5月28日。稲積神社の境内の御神田にて「御田植祭」が斎行されました。

天気も良く、誠に「おたうえ日和」でした。



大人も子供も一生懸命楽しんで行っていました。




御田植祭後は「正ノ木祭実行委員会(反省会)」が行われ、その後は恒例のバーベキューで、懇親も忘れずに行いました。

今年の初物スイカも登場!
「すいか割り」では子供より大人の方が一生懸命!
最初は、童心に戻った大人の姿に子供達も苦笑いでしたが、右へ左へヨロヨロする大人に、子供たちも声援!。
とっても素敵な一日でした。

2017年5月1日月曜日

「稲積神社 安産祈願」 平成29年7月~9月の「戌の日」


当社で古来より受け継がれている「鍵銜向霊狐(かぎくわえむかいきつね)」の絵馬には、鍵をくわえている狐がいます。
この鍵が「子宝や幸せの入った宝箱をあける鍵」という言い伝えがあります。
そして「五穀豊穣のお稲荷さん」なので、稲がたわわに実り収穫される様から『子宝・安産・開運』の御神徳があるといわれております。
「衣・食・住を司る生活の守護神」として崇められる、山梨県で一番大きなお稲荷さんへどうぞお参り下さい。
「鍵銜向霊狐(かぎくわえむかいきつね)」の絵馬は、全国で当社でのみ頒布されています
以下、
◎『「安産祈願」にまつわる良くある質問に関するご返答』
◎『平成29年7月~9月「戌の日」』
をお知らせしています。
皆様にご活用頂ければ幸いです。


◎『「安産祈願」にまつわる良くある質問に関するご返答』

・「安産祈願」とは?
日本古来の習わしにより母子のご健康とお腹の赤ちゃんの健やかな成長をご祈願するものです。


・安産祈願を妊娠5ヶ月目の「戌の日」におこなうのは?
犬はたくさん子を産み、その上お産が軽いことから古来より安産の守り神として人々に愛されてきたことにあやかったものです。

・腹帯はどのようにすれば良いですか?
腹帯は神社で用意しておりませんのでお持ち頂ければお祓いさせて頂きます。
また、以前は腹帯に筆で祈願をしるし、社紋を押していましたが、今は別の布にしるして授与しています。
そちらを腹帯の中に治めて御守りとしてお持ち頂きますので、当日腹帯をお持ち頂かなくても心配ありません。
当然、ご祈願の御札と御守りも授与致しますのでご安心してお参り下さいませ。


◎『平成29年7月~9月「戌の日」』


7月   10()先負 、 22()先負

8月   3()大安 、 15()大安 、 27()赤口

9月   8()赤口 、 20()友引

※ホームページに「平成29年戌の日」が掲載されていますのでそちらもご覧下さい 

なお、安産祈願のご祈祷の日は必ずしも妊娠5ヶ月目の「戌の日」でなくとも構いません。
体調が不安定な場合は「戌の日」にこだわらず、お身体の安定している時期のご都合のよい佳き日を選んでお申込みいただいても結構です。

2017年4月30日日曜日

さぁ!正ノ木さんが始まります(稲積神社H29/5/2~5/5)




山梨県神社誌より正ノ木祭を紐解く

徳川時代に入りその神徳、愈々に顕はれ常に老若男女参詣するもの多くその祭は千両祭といはれ雑踏の光景は今境内に存在する「まよひ子しるべ石」及、嘉永四年諸国の信徒より、奉斎された十二支の石灯籠、その他石刻史料数基に刻んだ文字で明瞭である。
大祭は「正ノ木さん」と呼ばれ県内外の人々に親しまれ、ゴールデンウイークの人出は県内一番と報道されてゐる。五月二日に行はれる甲府商工会議所の「献木祭」を皮切りに夕刻には「前夜祭」が斎行される。三日には「例大祭」に続き「神輿渡御」が行はれ、近隣を練り歩く。宮入は荘厳で、見物人で大いに賑はふ(宮神輿は平成二十一年天皇陛下御即位二十年奉祝事業として新調された)。四日には「二之祭」、五日には「三之祭」又夕刻には「成就奉告祭」が斎行され一連の神事を納める。露店商は全国よりはせ参じ二五〇店以上が出店し、植木市は特に有名である。

どっこいしょの正ノ木さんは5月3日


「稲積神社例大祭 正ノ木まつり」平成29年度情報

「稲積神社例大祭 正ノ木まつり」平成29年度情報

県内外の方々に親しまれている「正ノ木まつり」は、太田町に鎮座する稲積神社の1年に1度の例大祭。今年は来場者の安全確保のため、遊亀通りの交通規制が4日間行われます。また、B級グルメを初めとする220店舗以上の模擬店と植木市が2日~5日まで出店し昔ながらの射的や輪投げも軒を連ねます。目玉としては、伊勢名物「赤福」、さるまわしショーなど。また、新調された舞台では「ザ・コンブポンズと原田喜照歌謡ショー」、「甲府囃子演奏」、「太太神楽かがみもち」、ご当地アイドル「FUJI SAKURA塾」、結成10年にもなる「バンド・ザ・ショウノキ」など例年以上にお祭りを盛り上げます。
※遊亀通りや周辺道路の交通規制があります。ご迷惑おかけしますがご理解ご協力をお願い致します。

◆5月2日 正ノ木まつり 献木祭
10時より商工会議所による「献木祭」が行われる。

◆5月2日 正ノ木まつり 前夜祭(交通規制17時~21時)
15時頃より模擬店が多数出展。18時には「前夜祭」を斎行、19時頃よりは境内に新調された舞台での初陣を飾る「ザ・コンブポンズと原田喜照歌謡ショー」。その後は21時まで参拝者で賑わいを見せます。

5月3日 正ノ木まつり 例大祭 (交通規制10時~21時)
10時より「稲積神社例大祭」斎行。その後は「宮神輿渡御」「甲府囃子演奏」「奉納相撲大会」「御神酒頒酒」「稲積神社婦人会によるバザー」「さるまわしショー」「奉納舞踊ズンバ」「アコスティックバンド」「甲州アカペラサミット」「夫婦神楽かがみもち」等が行われ、参拝者で21時まで賑わいを見せます。15時半ごろに行われる宮神輿の宮入の迫力は圧巻です。ぜひ一度ご覧ください。

5月4日 正ノ木まつり 二之祭 (交通規制10時~21時)
9時より「稲積神社例大祭二之祭」斎行。その後は「三味線演奏 平元会」「ご当地アイドル FUJISAKURA塾」「三宅島きやり太鼓」が稲積神社境内舞台で行われます。また昨日に引き続き「さるまわしショー」等も行われ、参拝者で21時まで賑わいを見せます。

5月5日 正ノ木まつり 三之祭・成就祭 (交通規制10時~18時)
9時より「稲積神社例大祭三之祭」斎行。その後は「甲府囃子演奏」「童謡 ちゃんこの会」「バンド ザ・ショウノキ」「ご当地アイドル FUJISAKURA塾」等の演芸が稲積神社境内舞台で行われ、参拝者で18時まで賑わいを見せます。17時に「稲積神社例大祭成就祭」が行われ本年の正ノ木祭が幕を閉じます。

※各紙、各地でイベント情報 発信
  • フリー雑誌 各誌に掲載
  • 世界最大級である108インチのディスプレイを始め複数のディスプレイを配置してイベント情報を発信する中央道初の複合施設型SA「EXPASA談合坂(談合坂SA下り)」に新設された「DAN-GOツーリストガイド」へ掲載
  • 山梨新報 4月発行 ゴールデンウィーク特集に掲載
  • 山梨新報 5月発刊 正ノ木まつり特集掲載
  • 山梨日日新聞 社会面フルカラー 5月発刊 正ノ木まつり特集掲載
  • 山梨県情報発信ホームページ @Yamanashi(アットやまなし)に掲載
  • 他随時掲載
★臨時駐車場・駐輪場 情報

◎各臨時駐車場の注意点
  • 大変混み合いお待ち頂くこともございます
  • 雨天時は閉鎖されることもございます
  • 甲斐清和高校はお待ち頂くことが出来ません
  • 近隣への「迷惑駐車」また「迷惑駐輪」が無いようご配慮ください
  • 閉門1時間前より入庫出来ません
上記、注意点となりますのでご承知下さい

◯甲斐清和高校 駐車場・駐輪場
3日 10:00~18:00(最終入庫17:00)
4日 10:00~18:00(最終入庫17:00)
5日 10:00~17:00(最終入庫16:00)

◯湯田小学校 駐車場・駐輪場
3日 10:00~20:00(最終入庫19:00)
4日 10:00~20:00(最終入庫19:00)
5日 10:00~17:00(最終入庫16:00)

◯遊亀公園内 駐輪場(遊亀会館跡地・自転車のみ)
3日 10:00~21:00
4日 10:00~21:00
5日 10:00~18:00

「正ノ木祭特別御朱印」と「御朱印帳」のご案内(H29/4/30)

正ノ木祭特別御朱印のご案内

5/2~5/5の期間限定御朱印 300円
いよいよ今年度も正ノ木さんが始まります。

稲積神社例大祭である正ノ木祭、神様の御神力が一番備わる期間であります。

神様はその御神徳を頒かつ(わかつ)ため、その恩恵に預かろうと沢山の参拝者でにぎわいます。

この度、稲積神社ではたくさんの方に御神徳をいただいてもらえるよう「正ノ木祭特別御朱印」を準備しました。

みなさまのお参りをお待ちしております。

1月22日にご案内させてただいた「正ノ木祭に頒布予定の紫の御朱印帳」ですが、
手違いがあり間に合いません。
対応としましては

・5月15日までにご予約をいただく
※参拝予約、メール予約、電話予約など対応します
(電話での対応は5月6日以降とさせていただきま

入荷後、正ノ木祭特別御朱印を5月3日の日付で記載したものを発送
※送料無料

とさせていただきます。

ご了承ください。

以下、1月22日の「御朱印帳のご案内」です。  

稲積神社 御朱印帳

「正ノ木祭」に 頒 布 予 定

「紫色の御朱印帳」 1800円

 昨年作成しました「紫色の御朱印帳」が、

50冊準備したのですがすでに授与は終了していました。

今は「初代・青色の御朱印帳」を頒布しているのですが、

「紫の御朱印帳」のご要望が多いため「正ノ木祭(5/2~5/5)」に合わせ

頒布できるように50冊準備することとなりました。

ご希望の方は受けにきてくださいね。


「青色の御朱印帳」 1800円
 
崇敬会員用「黄色の御朱印帳」(非売品)


2017年3月5日日曜日

平成29年 稲積神社 恵方参りの旅(H29.02.26-27)

平成29年 恵方参りの旅


~その年の恵方の神社へお参りして良い気をいただいて1年間生活しましょう~

ということで本年の恵方(北北西)の神社(生島足島神社)へお参りする「恵方参りの旅」が開催されました。

参加者総勢78名とほぼ例年通りの人数で始まりました。

本年は宮司が不参加の為、宮司代理としての正式参拝となりました。

御本殿が神池に囲まれて建っている「生島足島神社」。
生きとし生けるもの万物に生命力を与える「生島大神」と、生きとし生けるもの万物に満足を与える「足島大神」の二神が祀られている。
・・・と宮司さんより説明をいただきました。

 
摂社 諏訪神社での正式参拝。御本殿と向い合い建てられています。

県宝である「歌舞伎舞台」には武田信玄が必勝を祈った「願文」などの古文書が常設展示されていました。

その後はキノコ汁で有名な「きのこむら深山」で昼食。

午後は上田城と・・・
真田神社へ行きました。

真田丸もお出迎え。

その後は宿泊先でもある草津温泉へ到着。

 足湯を楽しんだり・・・

 温かい温泉に満足。

久しぶりのツララに感動。

宿泊先の温泉も楽しみ、夜は宴会で盛上がりました。

 恒例のカラオケ大会も、大勢の参加者で盛り上がりました。

2日目。天気も晴天。活発な活火山として知られる「浅間山」も、ご機嫌麗しくお出迎えしてくれました。
 鬼押出で休憩。

2日目の観光場所である「世界遺産 富岡製糸場」を見学。

 思っていた以上の見ごたえで感動しました。

昼食は富岡製糸場近くの「かわら屋」で郷土料理こしね汁をはじめ、おいしい料理をいただきました。
その後、有名な「こんにゃくパーク」へ。
試食もバイキング形式で食べ放題!
お土産ほとんどこんにゃく製品!
工場見学と共に楽しみ帰路へつきました。

来年の恵方参りも企画します。
秋には発信しますのでご期待ください。