2018年1月1日月曜日

稲積神社 初詣の様子(平成30年元旦午後)

本日は午後より風もありますが、天候も良く比較的暖かいお正月となっております。
参拝者の列は、15:30になっても衰えず、公園まで続いております。
 ですが比較的スムーズに進んでいるようです。
本日11時過ぎに、YBSラジオにて初詣情報のお話もさせていただきましたが、まだまだ参拝者で賑わっております。
「稲積神社崇敬青年会」が作ってくれる甘酒も好評で、午前中には外での無料配布は終わってしまいました。
しかし、ご祈願の待合所には置いてございます。

御神酒は8日まで準備しております。
開運・金運祈願をいたしました「福銭」もまだございます。
本日・明日といなづみ会ご奉仕の「お炊き上げ」も強風の為本日は終了しました。
お預かりして明日以降に行います。

2日3日と本日より落ち着いて参拝できると思います。
皆様の良い年を祈願するとともに、ご参拝をお待ちしております。

御神徳などは午前1時に更新した「ブログ」をご覧ください。

http://inazumi-jinja.blogspot.jp/2018/






 

新年あけましておめでとうございます(平成30年稲積神社 初詣の様子)

1月元旦12:15の様子
新年あけましておめでとうございます。
平成30年戊戌(つちのえいぬ)を迎えました。
今年も宜しくお願いします。

明日の10:00頃より混みあいますが夜もたくさんおいでいただいております
今年は風も少なく穏やかな新年を迎え、午前0時よりたくさんの方々に参拝頂いております。


稲積神社の御神徳は、

伏見稲荷を本宗と仰ぐ山梨県で一番大きなお稲荷さんですので「商売繁昌」「飲食業繁栄」の祈願にお見えの方が多いです。

また、伊勢神宮の外宮と同じ神様ですので「衣・食・住を司る生活の守護神」として崇敬が厚いので「家内安全」「厄除」のご祈願も多くあります。

境内には菅原道真公が祀られている天満天神社がありますので「学業成就」「合格祈願」の参拝者で賑わっております。

車祓所には猿田彦大神も祀られ、その御神徳にて「交通安全」。

当社で古来より受け継がれている「鍵銜向霊狐(かぎくわえむかいきつね)」の絵馬には、鍵をくわえている狐がいます。
この鍵が「子宝や幸せの入った宝箱をあける鍵」という言い伝えがあります。
そして「五穀豊穣のお稲荷さん」なので、稲がたわわに実り収穫される様から『子宝・安産・開運』の御神徳があるといわれております。

境内社には縁結びで有名な出雲大社の神様も祀られており、出雲大社よりご許可をいただいて「縁結御守」や「出雲大社の御札」も授与してございます。

全国的にも珍しい「三葉の松」があり、夫婦和合の木とされていますが、黄金色に落葉するところから金銭松(きんせんまつ)とも呼ばれ、金運のご加護を仰ごうと落葉した葉を持ち帰る姿が見受けられます。

境内西側に新設された神輿庫兼神楽殿を通して「伊勢神宮」と「出雲大社」を遙かに拝むことが出来るようになっております。

「いなづみ会」奉仕による甘酒配り。明日は「青年会」が奉仕します。
1日は境内にて参拝者に甘酒を無料配布しております。

8日頃まで御神酒は境内にて、甘酒とお茶はご祈願の待合室にて無料でお配りしております。

金運、開運の祈願をした縁起物「福銭」を先着2000名(参拝者1000名、昇殿参拝者1000名)に無料で頒布しております。

本年は3日まで露店も出ています。
今年も皆様が御神徳を授かり、より良い生活を営まれますことをお祈り申し上げ、新年のご挨拶とさせて頂きます。

※2月末まで「新年祈願」は受け付けております。


2017年12月28日木曜日

稲積神社 新聞掲載情報 平成29年12月28日

稲積神社 新聞掲載情報

稲積神社にて毎年恒例のお札一式の袋詰めと注連縄作りの様子が新聞に掲載されました。







産経新聞に掲載されました。お札一式を袋へ詰める様子。



山梨日日新聞に掲載された注連縄作りの様子。




今年は漫画家のPAPAさんに依頼をして神社の神様をイメージしたキャラクターを制作していただきました。

新年にはオリジナルのキャラクターの絵馬も授与しています。
今年も残すところあと3日となりました風が強く寒い日が続いていますが皆様におかれましては良き年が迎えられますよう心より祈念しております。
新年、皆様のご参拝お持ちしておりますm(ーー)m


2017年10月3日火曜日

金毘羅神社例祭・神田抜穂祭 H29年10月1日

金毘羅神社例祭・神田抜穂祭

平成29年10月1日に稲積神社の境内社、金毘羅神社の例祭並びに神田の抜穂祭が斎行されました。
当日はさわやかな秋晴れの中での神事となりました。

金刀比羅神社の御祭神は大物主神をお祀りしています。
大物主神は霊魂を司る守護神として祀られており諸運の弥栄えお授けていただけるお社です。
例祭では皆様の開運弥栄を御祈念しております。

金毘羅神社 例祭
 
金毘羅神社 例祭
 
 

神田の稲穂は黄金色に実り例年より早い神事の斎行となりました。
 
 
抜穂祭とは、御田植祭から続く農耕神事の一つです。
 
抜穂(ぬいぼ)とは、大昔まだ鋭利な鎌がない時代に稲穂を
一本ずつ抜き取っていたころの名残りと考えられています。
 
神田 抜穂祭

総代・崇敬者が集い無事に刈り終えました。
11月の新嘗祭に神前に供えられます。
 

2017年10月1日日曜日

「稲積神社 安産祈願」平成30年1月~3月

「稲積神社 安産祈願」 平成30年1月~3月の「戌の日」

当社で古来より受け継がれている「鍵銜向霊狐(かぎくわえむかいきつね)」の絵馬には、鍵をくわえている狐がいます。
この鍵が「子宝や幸せの入った宝箱をあける鍵」という言い伝えがあります。
そして「五穀豊穣のお稲荷さん」なので、稲がたわわに実り収穫される様から『子宝・安産・開運』の御神徳があるといわれております。
「衣・食・住を司る生活の守護神」として崇められる、山梨県で一番大きなお稲荷さんへどうぞお参り下さい。
「鍵銜向霊狐(かぎくわえむかいきつね)」の絵馬は、全国で当社でのみ頒布されています
以下、
◎『「安産祈願」にまつわる良くある質問に関するご返答』
◎『平成30年1月~3月「戌の日」』
をお知らせしています。
皆様にご活用頂ければ幸いです。


◎『「安産祈願」にまつわる良くある質問に関するご返答』

・「安産祈願」とは?
日本古来の習わしにより母子のご健康とお腹の赤ちゃんの健やかな成長をご祈願するものです。


・安産祈願を妊娠5ヶ月目の「戌の日」におこなうのは?
犬はたくさん子を産み、その上お産が軽いことから古来より安産の守り神として人々に愛されてきたことにあやかったものです。

・腹帯はどのようにすれば良いですか?
腹帯は神社で用意しておりませんのでお持ち頂ければお祓いさせて頂きます。
また、以前は腹帯に筆で祈願をしるし、社紋を押していましたが、今は別の布にしるして授与しています。
そちらを腹帯の中に治めて御守りとしてお持ち頂きますので、当日腹帯をお持ち頂かなくても心配ありません。
当然、ご祈願の御札と御守りも授与致しますのでご安心してお参り下さいませ。


◎『平成30年1月~3月「戌の日」』

1月  6(土)赤口 、 18日(木)先勝 、 30日(火)先勝

・2月  11日(日)先勝 、 23日(金)友引

・3月  7日(水)友引 、 19日(月)仏滅 、 31日(土)仏滅

※ホームページに「平成30年戌の日」が掲載されていますのでそちらもご覧下さい 

なお、安産祈願のご祈祷の日は必ずしも妊娠5ヶ月目の「戌の日」でなくとも構いません。
体調が不安定な場合は「戌の日」にこだわらず、お身体の安定している時期のご都合のよい佳き日を選んでお申込みいただいても結構です。

2017年9月11日月曜日

第13回稲積神社崇敬会大祭(H29.9.9)と講演会(H29.9.4)のご報告


去る平成29年9月9日、稲積神社にて崇敬会大祭が斎行されました。


昨年同様、不肖私が斎主を務めさせていただき、「なかとりもち」として身が引き締まる思いで奉仕致しました。

崇敬会員の「家内安全」「商売繁昌」はもとよりながら、今の私たちが平和でいられることの感謝と、日本の弥栄、世界の平和をお祈り致しました。

衆議院議員中谷真一様、衆議院議員宮川典子様御名代をはじめ、県議会議員・市議会議員の先生方もご参列いただき厳粛に斎行されました。


大祭後の式典では、
一、宮司挨拶
一、小尾総代会長挨拶
一、祝辞 山梨県神社庁顧問・山梨県護國神社宮司羽中田進様
一、祝辞 衆議院議員 中谷真一様
一、メッセージのご披露「衆議院議員宮川典子様」「参議院議員赤池誠章様」
と進みました。




その後の懇親会で親睦を深め、本年の崇敬会大祭も成就致しました。


さて、本年の崇敬会大祭の催しは、9月4日に行われました「宗教者懇話会 じべた文化講演会」へ参加ということでした。

講師の錦田先生は、神々の國 出雲に鎮座する万九千神社(まんくせんじんじゃ)の宮司さんで、旧暦の10月に出雲に集った神様が直会(なおらい・お酒を酌み交わしながら神様と人との直りあい)をする場所の宮司さんです。
私が出雲大社でご奉仕させていただいた頃から仲良くさせていただいていました。
今年の4月に出雲大社へ伺ったときの講師もされていて、とても興味深い熱い話をされる方なんです。
今回も、「神主になるまでの人生の決断」「神在月の奉仕」「神道の大切さ=日本人の大切さ」など分かりやすく笑いを混ぜながら話していただきました。

冒頭の「稲積神社宮司挨拶」
錦田先生 講演の様子
錦田先生 講演の様子 ※500名以上の入りでした
何事にもとても熱い方で、直会では叱咤激励激励をたくさんいただき楽しく夜は更けていきました。

2017年8月19日土曜日

稲積神社 職場体験学習 2017/8/9~10

稲積神社 職場体験学習
 
8月9日・8月10日の2日間、職場体験学習で
甲府南中学校・上条中学校・浅川中学校の3校合同にて
各校2名の生徒が当神社に参りました。
 
個人の保護の為画像は編集してあります。
 
慣れないながらもしっかりと手水の作法が出来ていました。
 
個人の保護の為画像は編集してあります。
 
日供祭に参列しました。
初めての経験でしたが姿勢がとても綺麗でした。
 
個人の保護の為画像は編集してあります。

神木の掃除をしました。
手作業で一つ一つ丁寧に枯葉等のゴミ拾いを行いました。
この他にも神社の諸行事の案内発送の作業や
年末のお札詰め等を体験してもらいました。
 
前回に続き2日間と短い期間でしたが一生懸命に取り組んでいました。
この職場体験を通して生徒達が何かを感じ学ぶ事が出来たなら幸いです。
 
稲積神社  権禰宜 渡辺